リスティング運用ってなに?内容から始め方まで色々

リスティング運用ってなに?内容から始め方まで色々

こんにちは大月です。

早速ですが、

 

「リスティング運用って何?」

「リスティング運用のメリット・デメリットは?」

「リスティング運用って治療院の運営に役に立つの?」

リスティング運用についてわからないことは多いと思います。

 

今回の記事ではそのリスティング運用のあれこれについて解説してゆきます。

 

リスティング運用とは?

リスティング運用とはリスティング広告の運用のことです。簡単に言えば、リスティング広告を働かせ、使うことを言います。

 

そのためにはニーズに合わせた効果的なリスティング広告をうち、適切な運用をしていくことが大切です。

 

リスティング広告とは

「Google」や「Yahoo!」の検索エンジンに特定のワードを入力し検索した時に、ページの上部や下部に表示される広告のことをいいます。

 

例えばGoogleで「治療院 リスティング広告」と検索した時

 

このようにページの上部にでる広告のことをリスティング広告といいます。〈見やすくするため赤線で囲みました〉

 

このリスティング広告は、特定のワードで検索すれば上の画像のように必ずでるため、その人のニーズに合わせた集客ができます。

 

つまり、「治療院」と別のワードを組み合わせれば、そのワードに関連した治療院がでてくるわけです。

 

リスティング広告は検索結果と連動しているため「検索連動型広告」とも言われています。

 

また、リスティング広告はクリックされれば料金が発生する課金制のため、払うお金をあらかじめ設定すれば安全に運用することができます。

 

リスティング広告が出る検索エンジンは、「Google」と「Yahoo!」を合わせて九割のシェアを誇っているので、大きな効果があるといえます。

 

リスティング広告のメリット

 

その人のニーズに合わせた広告が掲載できるため集客が期待できる

 

キーワードを設定して掲載ができるので、その人に合った広告がうてます。例えば、あなたが徳島県に店がある雑貨屋であるメーカーしか取り扱ってないとします。

 

そうすると「徳島県」「雑貨屋」「メーカー名」で検索した人の検索結果に、あなたの広告がでるのです。

ですから、その人のニーズに合わせた広告がうて、集客が見込めるわけです。

 

すぐに広告を掲載できる・修正できる

リスティング広告を出すのには、アカウントがあればすぐに掲載できますし、すぐに修正することも可能なので、限りなく自由に広告がつくれます。

 

低予算で始められる

 

リスティング広告は低予算で始めることができます。

 

例えば、新聞やテレビなどに広告をうつには多大な金銭がかかります。しかし、リスティング広告は課金制なので、4万円と予算を決めているのであれば、4万円以内ではじめることができます。

 

4万円を超えるようならすぐにやめることもできます。だから、金銭面で安全な運用ができます。

 

成果がわかる

リスティング運用の成果は、ネット環境があればすぐに見ることができます。

 

「何回クリックされたか」簡単に確認できるのです。

 

つまり、成果によって広告をうち続けるか、やめるかがスピーディーに選択できるわけです。

 

リスティング広告のデリット

キーワードによっては1クリック当たりの単価が高い

 

リスティング広告の表示はユーザーの検索ワードと、自社のリスティング広告への入札額でほとんど決まります。

 

入札額はワンクリックごとです。その入札額が多ければ多いほど表示されます。これをオークションと言います。

 

例えば、A社がワンクリック100円、B社がワンクリック90円とします。

 

そうすれば、キーワードオークションの結果により、A社>B社の順に広告が表示されます。

 

ということは入札額が低いとあまり表示されなくなるのです

 

ですから、よく検索されるワードを設定すると、それなりの単価がかかるのです。

運用をするのには知識が必要

リスティング広告はこまめに改善することによって効果を発揮します。

 

そのためにはキーワードの「入札価格」「市場の動き」「ABテスト」などなどを細かに調整・修正してゆくことが重要となります。

 

ネット環境というものは常に変化してゆくわけですから、リスティング広告を運用するには常に知識をアップデートする必要があるのです。

 

リスティング広告の始め方

この項目では、スマホ検索エンジンシェア№1のGoogleのリスティング広告の始め方を簡単に説明します。

 

1Google広告サイトにアクセス。

ここでGoogle広告アカウントをつくりましょう。これで、リスティング広告ほか、ディスプレイ広告、YouTube広告などが作成できます。

 

2Google広告アカウントをつくる。

①Google広告アカウントの作成方法の手順は、まずGoogle広告サイトの「今すぐ開始」を押します。

②次の画面に自社のメールアドレスとホームページのURLを記載します

③最初のキャンペーンを作成します。予算やキーワードなどを設定していきましょう

④次に支払方法を確認します。

⑤これでアカウント作成完了です。

 

3検索広告の作成

Google広告ではガイドラインがあり、簡単な手順で誰でも広告をつくることができます。

 

①まず管理画面を開き新しいキャンペーンを作成。

 

今からうつ広告の「予算設定」・「地域設定」「キーワード設定」「キーワードの入札価格の設定」などをします。

②キャンペーンの作成が終わったら、いよいよ広告文をつくります。いい広告にしましょう。

 

4入稿し審査

Google広告から入稿すると審査にかけられます。

 

Googleの場合、審査は一日ぐらいです

 

審査に通るとリスティング広告がwebに掲載されます。

 

設定したキーワードを使って、検索し、自分の広告を確かめてみましょう。

 

しかしながら、作成者でもワンクリックすれば料金が発生するので気をつけましょう。

 

リスティング運用代行の業者選びのポイント

リスティング広告のデメリットにも書いたのですが、リスティング運用には様々なややこしい問題があります。

 

知識は常にアップデートしていかなければなりませんし、ネットの流れにもついてゆき、常に広告を最良の形にしておかなければなりません。

 

ですから、業者に頼むのも、ひとつの手でしょう。

 

ここではそのリスティング運用代行業者選びのポイントについて解説していきます。

 

実績が明確かどうか

リスティング運用業者の実績が明確でなければ、契約するのはやめたほうがいいでしょう。実績は業者の看板です。

 

その看板がない業者などは、あまり信用できません。

 

実績が明確ではない業者に頼むのはやめたほうがいいです。

 

料金体系が明確かどうか

料金体系が明確か、そうではないかは、依頼する側の金銭に直接かかわります。

 

ですから、「クリックコスト」「代理店の手数料」などなどの料金体系が明確化している業者を選ぶ方がいいですし、安心できると思います。

 

担当者と打合せできる頻度

担当者と問題があるごとに打ち合わせできないと、広告の状態も悪くなります。

 

いわば、広告というものは生ものです。

 

ですから、担当者と打ち合わせできる頻度が多くない業者とは手を結ばないほうがいいでしょう。

 

同じジャンルの成功事例があるかどうか

業者によって、得意なジャンルがあります。お金を業者に払って委託するのですから、同じジャンルの成功事例があったほうが安心できますし、失敗する可能性も低いです。

 

まとめ

もう様々な企業がリスティング運用をはじめています。ですから、あなたの治療院の集客を上げるためにもリスティング運用が必要かもしれません。

 

広告というものは利益をあげるためには必ず必要です。今はネットの時代ですから、ネット広告は大切です。

 

ですから、リスティング運用に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

集客を増やすために一度は検討してみましょう。

 

終わり

RELATED BLOG

最近のブログ

日々の運用やその他コンサルに関する記事
まずはお気軽にご相談ください 平日 10:00~18:00
06-6886-8188
緊急の場合はこちらへお電話ください
090-5649-1162